新潟のあおぞら社労士事務所です。社会保険の手続、給与計算、助成金、労働基準監督署の是正勧告、労務トラブルの防止までトータルサポート

新潟で一番相談しやすい社労士を目指しています!

あおぞら社労士事務所

〒953-0041
新潟県新潟市西蒲区巻甲10677-24 行政書士法人田村環境事務所内

ご相談・お問合せは無料

0256-78-7153
営業時間
8:30~17:30
定 休 日
土曜、日曜、祝日

お問合せフォームは24時間受付中

新着情報の一覧

当月分と過去の新着情報をまとめております。

新着情報

31117日  【働き方改革とは?】 

「働き方改革って何?」 

まだまだ、よく聞かれます。 

中小企業の目線で、簡単に言えば、 

「残業を減らして休みを増やすことですよ」 

とお答えしています。(もちらん、それ以外にも大事なことはあるのですが・・・)

 従来の発想では、 

「明日は有給休暇だから、今日は残業してでも仕事を片付けよう!」 

という方が多かったと思います。

今後は、仕事の「仕方」を変えて行かないと、働く時間はなかなか減りません。 

社内全体で、働く時間を減らす取り組みが急がれます。

新着情報

30111日  【兼務役員の退職金】 

長年、会社に勤務されて昇進していくと、結果として最終的に役員まで昇進するケースもあるかと思います。 

中小企業の場合、現場の従業員を取りまとめる役割も求められますので、「取締役営業部長」とか「取締役工場長」などの兼務役員(いわゆる雇用保険に加入したまま従業員と役員を兼ねていること)が多いと思います。 

この兼務役員から最終的に退職金を請求されたら支給すべきでしょうか? 

よくあるのが、「肩書だけ取締役だが、実態は兼務役員そのものだった」というパターンでしょうか。 

答えは、就業規則で退職金規定が存在すれば、従業員としての部分は支払い義務が生じます。 

ちなみに役員としての退職金(退職慰労金)は定款や株主総会で決定されるようです。

新着情報

平成3115日  【あけましておめでとうございます】 

新年あけましておめでとうございます。当事務所では、4日より通常営業を開始しております。

さて、今年は、働き方改革に伴う法改正も目白押しですが、当事務所としては、助成金申請支援サービスをこれまで以上に強化していきたいと考え、専門サイトを開設いたしました。 

http://aozora-jyoseikin.jp 

現在、従業員の採用や定着に役立つ助成金を知らない事業主様が、意外と多いようです。 

当事務所では、数多い助成金の中から、「活用しやすい助成金」に絞って、お客様の申請支援サービスをご提供していきたいと考えております。 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 事務所紹介

ご相談・お問合せは無料です!

0256-78-7153

新潟県新潟市西蒲区巻甲10677-24
行政書士法人田村環境事務所内

当事務所のお客様の業種(平成31年1月現在)

建設業、運送業、飲食店、カフェ店、居酒屋、美容サロン、IT業、営業代行業、コンビニエンスストア、タイヤ卸売業、高齢福祉施設、障害者支援施設、自動車スクラップ業、鈑金業、金属加工業、機械修理業、農業、森林整備業、ガソリンスタンド、クリニック、廃棄物処理業etc

※その他の業種についても対応可能です。
※従業員数1名~100名規模まで幅広い規模のお客様です。

エキテンプロ掲載中!            

 関連事務所紹介

建設業、産廃処理業許可申請相続・遺言のご相談はこちら

エコアクション21認証支援、生活環境影響調査はこちら

 SRPⅡ認証を受けています!

当事務所は、個人情報の適切な取り扱いを行う事務所として、全国社会保険労務士会連合会からSRPⅡ認証を受けています。

 アメブロ -Ameba-