新潟のあおぞら社労士事務所です。働き方改革への対応、社会保険の手続、給与計算、助成金、労働基準監督署の是正勧告までトータルサポート!

新潟で一番相談しやすい社労士を目指しています!

あおぞら社労士事務所

〒953-0041
新潟県新潟市西蒲区巻甲4162-3 第2星武ビル2F


 

【初回相談無料】

0256-78-7390
営業時間
8:30~17:30
定休日
土曜・日曜・祝日

【お問合せフォーム&LINE24時間受付中】

中小企業も2021年4月から対象になります!

同一労働同一賃金(20214月~)

中小企業も対応が急がれます!

中小企業においても、「同一労働同一賃金」への対応が2021年4月から始まります。

これに伴い、同一労働同一賃金ルールに対応した「賃金制度の見直し」「就業規則や賃金規程の改定」が必要になります。

近年、契約社員や嘱託社員等から、正社員との待遇格差についての損害賠償などを請求され、会社側が敗訴するケースも少なくありません。

今後は、待遇格差についての損害賠償請求トラブルを避けるために、会社側は就業規則や賃金規程を改定し、同一労働同一賃金ルールに対応することが急がれます。

なお、厚生労働省では以下の3つのポイントを示しています。

                              ※厚生労働省WEBサイトよりより引用

Q&A

「同一労働同一賃金」とは、何ですか?

「同じ仕事内容であれば、同じ賃金にして下さい。」という考え方になります。

ただし、仕事ごとで、全く給与にするという意味ではありません。同じ仕事でも、担当する業務の難易度や能力、成果によって賃金額が異なってくるのは当然です。

 

これまでの、正規・非正規といった雇用形態などの区別により、賃金格差をつけてはいけないということになります。

「同一労働」は、どのように判断するのでしょうか?

責任の重さや難易度、能力、成果など、合理的な違いがあれば、「同一労働」ではないということになります。

同じ職種(事務・営業職など)というだけでなく、その責任の重さや難易度、能力、成果など、合理的な違いがあれば、「同一労働」ではないということになります。

ただし、この判断はかなり難しい判断になります。

非正規社員の待遇改善は、正社員の賃金引下げで対応して問題ないでしょうか?

問題があります。厚生労働省の考え方では、「正社員の賃金水準を引き下げ」をして、同一賃金を実現することは認められないとされています。
 
しかし、現実的には人件費が増加する問題です。収益力が低下する企業が出てくれば、賞与や昇給率など正社員の賃金への影響も避けられないと思われます。
 
これまで以上の経営努力が求められることになります。

同一労働同一賃金への対策と流れ

正社員と非正規社員の待遇を確認する

正社員と非正規社員(契約社員、パート・アルバイト、嘱託社員など)に支給している給与・手当・賞与等を確認する。

仕事の内容を確認する

正社員と非正規社員の仕事内容が「全く同じ」、「一部、異なる」、「全く、異なる」等を確認する。

同じ場合は、待遇を見直しを行います。

異なる場合は説明できるように整理する。

各種手当や福利厚生などを見直す

例えば、正社員のみ「通勤手当」を支給しているケースなどは、明らかに改善が必要と思われます。

通勤することは、正社員、非正規社員にかかわらず発生するからです。同様に、福利厚生(例 休憩室の利用可否等)の問題も対応が急がれます。

厚生労働省の参考資料(厚生労働省へのリンクです)

お問合せはこちら

あおぞら社労士事務所は、新潟で一番相談しやすい社労士を目指しております。
分からない点や疑問な点ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問合せください

よくあるご質問
  • 急に労働基準監督署の調査が入ることになり、どうしていいかわからない
  • 今の社労士さんはレスポンスが悪く、業務が滞っている
  • 労使トラブルを防ぐためには何を気をつけたらいいの?

親切、丁寧な対応を心がけております。上記のようなご相談はもちろん、疑問や悩み事など、なんなりとご相談ください。

お電話でのお問合せはこちら

0256-78-7390

受付時間:8:30~17:30(土曜、日曜、祝日を除く)※ご予約いただければ時間外も対応可能 

担当:社労士 内田 真之

 事務所紹介

初回相談無料

新規ご依頼の際は、お電話メール、もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

0256-78-7390

営業時間:8:30~17:30

LINEでのお問合せはこちら

顧問先のお客様の業種
(2021年4月現在)

建設業、運送業、飲食店、カフェ店、居酒屋、美容サロン、IT業、営業代行業、コンビニエンスストア、タイヤ卸売業、高齢福祉施設、放課後デイサービス、障害者支援施設、自動車スクラップ業、鈑金業、金属加工業、機械修理業、農業、清掃業、産業廃棄物処理業、森林整備業、ガソリンスタンド、クリニック、農機具販売業、人材派遣業、幼稚園、不動産業、旅館業、和菓子屋、グループホーム、ラーメン店、古紙回収業、解体工事業、交通誘導業、タンク点検業、テント製造業、ペットホテル etc 

※その他の業種についても対応可能です。
※従業員数1名100名規模まで幅広い規模のお客様です。

勤怠管理はジョブカン

SRPⅡ認証を受けています!

当事務所は、個人情報の適切な取り扱いを行う事務所として、全国社会保険労務士会連合会からSRPⅡ認証を受けています。

 アメブロ -Ameba-

おすすめの事務所紹介

建設業、産廃処理業許可申請相続・遺言のご相談はこちら

エコアクション21認証支援、生活環境影響調査はこちら