新潟のあおぞら社労士事務所です。社会保険の手続、給与計算、助成金、労働基準監督署の是正勧告、労務トラブルの防止までトータルサポート

新潟で一番相談しやすい社労士を目指しています!

あおぞら社労士事務所

〒953-0041
新潟県新潟市西蒲区巻甲10677-24 行政書士法人田村環境事務所内

ご相談・お問合せは無料

0256-78-7153
営業時間
8:30~17:30
定 休 日
土曜、日曜、祝日

お問合せフォームは24時間受付中

休日に関するよくあるご相談をご紹介します。

休日について

繁忙期の有給休暇は、拒否できますか?

原則として認める必要があります。

単に「忙しい時期に有給休暇は、認めない」では、従業員からすれば「ウチの会社は有給休暇もろくに取れない」と思われてしまいます。

確かに、時期変更権として、会社は「事業の正常の運営を妨げる場合」に限って、「違う日に休むように言える」ことには、なっています。

これは、あいまいであり、実に難しい判断ですが

「その人がいなければ会社が回らない」

ぐらいの状況でないと、変更権は行使できないと考えた方が無難かもしれません。

労使の関係が、良好であれば、従業員も会社の状況を踏まえて、有給休暇の使い方も「常識的」に考えてくれる傾向にあります。会社として、普段から有給休暇の取れるような配慮は最低限度、必要と思われます。

風邪で欠勤した場合、有給休暇を使わせてあげてもいいですか?

就業規則によります。

当日の朝、「今日、具合が悪いので休ませてください!」

こんなことは少なくないケースです。就業規則に「事後の振替を認める」などの規定があれば、認めないといけません。

逆に、「事後の振替は認めない」とあれば、認める必要はありません。

多くの場合は、「急病などのやむを得ない場合は、認める」場合が多いと思います。

あとで、トラブルのもとになりますので、就業規則ではっきりさせておくことをオススメします。

退職時の有給休暇の一括請求は、認めないといけませんか?

認める必要があります。

通常の退職の手続きにより、事前に退職届が提出されていれば、認めるしかありません。退職日が決まっていますので、いわゆる時期変更権によって「別の日にとってね」というわけにはいきません。よって、認めざるを得ません。

ただし、引き継ぎなどの理由により、結果的に取得できなかった場合で「有給休暇を買い取ってほしい」との申し出が、あった場合は会社の判断で、買い取ってあげてもかまいません。

しかし、買い取りは義務ではありません。

多くの場合、退職を決めた従業員は、計画的に有給休暇を消化するケースが多いため、「1日も取れなかった」などの理由で、トラブルになるケースは少ないです。

一方で、退職時のいざこざで、有給休暇のトラブルも全くないというわけでもなく、会社としても退職する際は、取得しやすい環境の整備や配慮は必要かもしれません。

有給休暇の取得理由を、聞いたりしてもいいですか?

問題ありません。

取得理由によって、直ちに「承認しない!」とかでなければ、問題になる可能性は低いです。理由を聞いて「通院なら認めるが、旅行は認めない!」というのは、ダメです。

また、「理由が書いてないから認めない!」なども、当然に厳禁です

有給休暇はリフレッシュ的な側面もあるのが現実ですので、「休む理由」で、認めないのは厳しいようです。

振休と代休は、違うのですか?

違います。

「振替休日」は、事前に休日と働く日を入れ替える制度です。

① 「●●さん、今週の土曜日の休みを金曜日と入れ換えてくれないかな?」

② 「社長、先週の日曜日に休日出勤した分、明日を休みにしてもいいですか?」

①は休日出勤の「前」に話をしていますが、②は休日出勤した「後」の話になっています。

②は、いわゆる「代休」になります。代休は②のように休日出勤した事実が発生しますので、休日出勤手当を支払う必要があります。

代休の分は、欠勤控除として1日が、「無給の休み」になりますので、通常であれば、「1.35の休日出勤手当」-「1.0の欠勤控除」になりますので、結果的に割増賃金の0.35だけ発生します。

有給休暇の計画的付与とは、何ですか?

会社が有給休暇を取得させることができます。

有給休暇といっても、なかなか日々の業務のに追われて、取得できない場合も多いの現状です。

そこで、労使協定で、5日を超える分を、会社で指定して取得させることができます。まず、10日の有給休暇の従業員であれば、5日だけ本人の希望で取らせてあげます。そして、残りの5日を会社の方で指定させて取得させることをいいます。

いわゆる夏季・年末年始の時期に、お盆の8月13,14日、年末年始の12月31日、1月2,3日などのパターンでの付与のパターンも多いかと思います。

お問合せはこちら

あおぞら社労士事務所は、新潟で一番相談しやすい社労士を目指しております。
分からない点や疑問な点ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問合せください

よくあるご質問
  • 急に労働基準監督署の調査が入ることになり、どうしていいかわからない
  • 今の社労士さんはレスポンスが悪く、業務が滞っている
  • 労使トラブルを防ぐためには何を気をつけたらいいの?

親切、丁寧な対応を心がけております。上記のようなご相談はもちろん、疑問や悩み事など、なんなりとご相談ください。

お電話でのお問合せはこちら

0256-78-7153

受付時間:8:30~17:30(土曜、日曜、祝日を除く)※ご予約いただければ時間外も対応可能 

担当:社労士 内田 真之

 事務所紹介

ご相談・お問合せは無料です!

0256-78-7153

新潟県新潟市西蒲区巻甲10677-24
行政書士法人田村環境事務所内

当事務所のお客様の業種(平成31年1月現在)

建設業、運送業、飲食店、カフェ店、居酒屋、美容サロン、IT業、営業代行業、コンビニエンスストア、タイヤ卸売業、高齢福祉施設、障害者支援施設、自動車スクラップ業、鈑金業、金属加工業、機械修理業、農業、森林整備業、ガソリンスタンド、クリニック、廃棄物処理業etc

※その他の業種についても対応可能です。
※従業員数1名~100名規模まで幅広い規模のお客様です。

エキテンプロ掲載中!            

 関連事務所紹介

建設業、産廃処理業許可申請相続・遺言のご相談はこちら

エコアクション21認証支援、生活環境影響調査はこちら

 SRPⅡ認証を受けています!

当事務所は、個人情報の適切な取り扱いを行う事務所として、全国社会保険労務士会連合会からSRPⅡ認証を受けています。

 アメブロ -Ameba-