新潟のあおぞら社労士事務所です。社会保険の手続、給与計算、助成金、労働基準監督署の是正勧告、労務トラブルの防止までトータルサポート

新潟で一番相談しやすい社労士を目指しています!

あおぞら社労士事務所

〒953-0041
新潟県新潟市西蒲区巻甲10677-24 行政書士法人田村環境事務所内

ご相談・お問合せは無料

0256-78-7153
営業時間
8:30~17:30
定 休 日
土曜、日曜、祝日

お問合せフォームは24時間受付中

退職に関するよくあるご相談をご紹介します。

退職について

突然の退職の申し出は、認めても問題ありませんか?

現実は、認めざるを得ないです。

突然の退職の申し出をされても、現実的には拒否できないと思われます。就業規則で「1か月前に申し出ること」と定めても、民法上の規定で「2週間を経過すると退職することが可能」となっており、こちらの規定が優先するからです。よって、損害賠償の請求も難しいかと思われます。

一方で、退職金の減額は可能かと思われます。節度のない一方的な退職では、会社も損害がゼロとはいえません。退職金規程で、「合意退職」の場合と正当な理由がない「一方的な退職」では、差が出るように定めておくべきです。

これにより、突然の退職を回避することが可能となります。

契約社員の雇止めとは、何でしょうか?

更新しない旨の予告が、必要な場合があります。

契約社員の場合、3回以上更新されているか、契約の更新を繰り返し通算で1年を超えている場合は、契約の期間が満了する日に30日前までに「今回で更新しません」という雇止めの予告が必要になります。

最後の更新で「今回で更新しない」と明示している場合は問題ないですが「更新する場合がありうる」の場合、従業員側からは「更新されるかもしれない」と、期待するのは当然です。

このため、唐突に「今回は、更新しません」というのは、配慮に欠けるので「30日前に予告してください」という趣旨です。

なお、この「雇止め」は解雇予告手当は、不要です。

退職願は、必ず書面でないといけませんか?

書面でもらってください。

もちろん口頭でも有効ですが、トラブル防止の観点から、退職理由、退職日などきちんと書いてもらったほうが、安全です。

雇用保険の喪失手続きの際にも、退職理由の確認として退職願などの「書面」が、必要になります。

退職の申出日以降に、ささいなトラブルが発生して、「退職を申し出た事実はない。会社から解雇された!」などの無用なトラブルが発生することも少なくないため、必ず書面で、提出してもらってください。

退職証明書とは、どういうものですか?

請求されたら作成する必要があります。

再就職先などで、前職の退職証明を要求されることがあります。これは、中途採用が増加し、トラブル防止の観点から、履歴書の確認という意味で、発行を求めることもあるようです。

勤務していた期間、業務の種類、地位、賃金、退職理由の項目を記載します。ただし、記載するには、あくまで請求された項目だけになります。例えば、賃金の項目は、請求されていないのに「賃金は●●万円」とは、記載できません。

退職時の手続きで、注意することはありますか?

退職者ごとに異なる場合があります。

健康保険と雇用保険の喪失手続きと源泉徴収票の発行は、共通です。なお、雇用保険は喪失だけでなく、離職票(失業保険をもらう予定がある場合は必要になる書類)を希望される場合はプラスして手続きが必要です。

また、すぐに就職する予定がない場合は、国民健康保険と国民年金への切り替えが必要になるため、社会保険の喪失連絡票も併せて、発行する必要があります。

退職後にライバル会社に転職することを、防げますか?

職業選択の理由はありますが・・・

退職したら、すぐに「ライバル会社へ転職した!」という話は、少なくありません。形のないようなノウハウや機密情報は、どうして持っていかれてしまいます。

そこで、最低限このリスクを軽減するため、就業規則に「競業避止義務」を定めておきましょう。

在籍期間の短い一般社員は、対象にできませんが、トップシークレット情報を知りえる立場の幹部社員を対象にすることは可能です。これだけも一定期間は転職されるリスクを軽減できるかと思われます。

また、あくまでもお願いレベルかもしれませんが、退職時に「秘密保持誓約書」も締結しておくことで、秘密保持順守の意識が高まり、秘密保持に効果的です。

お問合せはこちら

あおぞら社労士事務所は、新潟で一番相談しやすい社労士を目指しております。
分からない点や疑問な点ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問合せください

よくあるご質問
  • 急に労働基準監督署の調査が入ることになり、どうしていいかわからない
  • 今の社労士さんはレスポンスが悪く、業務が滞っている
  • 労使トラブルを防ぐためには何を気をつけたらいいの?

親切、丁寧な対応を心がけております。上記のようなご相談はもちろん、疑問や悩み事など、なんなりとご相談ください。

お電話でのお問合せはこちら

0256-78-7153

受付時間:8:30~17:30(土曜、日曜、祝日を除く)※ご予約いただければ時間外も対応可能 

担当:社労士 内田 真之

 事務所紹介

ご相談・お問合せは無料です!

0256-78-7153

新潟県新潟市西蒲区巻甲10677-24
行政書士法人田村環境事務所内

当事務所のお客様の業種(平成31年3月現在)

建設業、運送業、飲食店、カフェ店、居酒屋、美容サロン、IT業、営業代行業、コンビニエンスストア、タイヤ卸売業、高齢福祉施設、障害者支援施設、自動車スクラップ業、鈑金業、金属加工業、機械修理業、農業、森林整備業、ガソリンスタンド、クリニック、廃棄物処理業etc

※その他の業種についても対応可能です。
※従業員数1名~100名規模まで幅広い規模のお客様です。

エキテンプロ掲載中!            

 関連事務所紹介

建設業、産廃処理業許可申請相続・遺言のご相談はこちら

エコアクション21認証支援、生活環境影響調査はこちら

 SRPⅡ認証を受けています!

当事務所は、個人情報の適切な取り扱いを行う事務所として、全国社会保険労務士会連合会からSRPⅡ認証を受けています。

 アメブロ -Ameba-